藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 脳神経外科 医局から患者様・医師・研修医の皆様へ、当医局のご紹介・お知らせです。

後期研修医

後期研修医(社会人大学院生 学位取得可)募集

藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 脳神経外科後期研修プログラム

 

I.目的と特徴

脳神経外科治療を要する疾患の学習

科学的に疾病を評価するためのリサーチマインドの育成

実際の手術参加

術後管理の実習

6 年後脳神経外科専門医取得可能

 

II.プログラム責任者・研修統括者

【プログラム責任者】加藤庸子 (教授) (日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医、日 本脳卒中学会専門医、研修修練指導医、日本人間ドック学会認定医、国際神経内視鏡連盟公認ハンズオンイ ンストラクター)

【研 修 統 括 者】川瀬 司 (准教授) (日本脳神経外科学会専門医、日本神経内視鏡技術認定医、日本が ん治療暫定教育医、がん治療認定医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会指導医、緩和学会指導医)

III.運営指導体制及び指導医数

脳血管障害疾患の指導 :加藤庸子、山田康博、(瀧澤克己)*1

脳腫瘍治療の指導:川瀬 司、(鮫島哲朗)*1

脳血管内治療の指導:(陶山大輔)*1 、(尾崎 聡)*1

機能的脳外科の指導:加藤庸子

脊椎・脊髄疾患治療の指導: (吉田耕一郎)*1

神経内視鏡の指導 :加藤庸子、(陶山大輔)*1

脳神経外科救急 :山田康博、山城 慧    *1 非常勤医師


IV.臨床実績

脳血管障害を中心に年間約 250 症例の手術を手掛けている。

 

V .研修カリキュラム

[研修内容]

1 脳外科は神経系疾患を外科的に治療する科であるので手術の実際を研修する事を主とする

2 神経系救急疾患に対する処置の研修

3 術後管理、神経系疾患に特異的な治療について研修する

4 一定期間の基礎医学的研究に従事する時期を設定し、リサーチマインドの育成を促進する

 

[研修スケジュール]

1年目:脳卒中患者の臨床所見及び、画像診断。救急治療、術前、術後管理。

2年目:開閉頭、脳出血、脳血管内治療の助手。

3年目:脳出血手術の術者、神経内視鏡手術、脳血管内治療の助手(一部術者)、くも膜下出血手術の助手。国内・国際学会発表

 

常勤医師(社会人大学院生 学位取得

当教室では、脳血管障害、脳血管内治療の分野における手術手技の習得や手術件数をこなしたいと意欲のある医師を募集しております。手術見学も随時受け付けております。
(手術日毎週 火曜日~木曜日)

また、常勤医師として勤務しながら、社会人大学院生として学位を取得することが可能です。

詳細につきましては、お問合せ下さい。

国内留学 募集

当教室は、脳血管障害に特化しており、E難度の高い手術や巨大、大型脳動脈瘤へのクリッピング手術を多く経験しております。

詳細につきましては、お問合せ下さい。

お問い合せ先はこちら

藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院 脳神経外科 住所:名古屋市中川区尾頭橋三丁目6番10号 TEL052-323-5970/FAX052-323-5800

お問い合せ

このページの先頭へ